女性

世界的に通じる

ROHS分析をしている専門の業者は、海外の研究所と強く信頼関係を結んでいます。ですので、世界に通じる結果を得られます。また、分析は低価格で行っていますし、他のサービスも充実しています。こうした細かいサービスで業者は多くの企業から非常に信頼されています。

顕微鏡

有害物質の分析技術

ROHS指令で規制される有害物質が含まれている製品は、欧州連合加盟国に向けて輸出ができません。材料を扱うメーカーでは信頼できる分析機関を利用して、自社製品のROHS分析を依頼する必要が出てきます。ICP発光分光分析法や誘導結合プラズマ発光分光分析法などが、国際規格に準拠した代表的なROHS分析です。

男性

製品の安全性のために必要

主に電気製品を製造する事業者にとってROHS分析を確実に行うことは、環境と製品の安全性のためにも大事です。ですからきちんとした検査機関に依頼して信頼性の高い分析をするとともに、順次追加される物質にも留意しておく必要があります。

試験管

分析業者選定のポイント

Rohs指令対象の物質を分析が欧州向け製品を中心に求められることがあります。そのROHS分析の業者は、準拠規格、分析精度、前処理の必要有無、分析装置が要求に合っているかなどをポイントに選ぶことが必要です。

顕微鏡

指令内容をその都度確認

ROHS分析を依頼するときは他社に外注するのが一般的ですが、その際は最新の規制状況について調べてから業者を探すのが大切です。また製品だけでなく付属品も対象となることが少なくないのでその点も調べておくとよいでしょう。

輸出企業の責務とは

試験管

発注に役立つ基礎知識

鉛や水銀などをはじめとした特定の物質の含有量を、基準以内に抑えることが、電気製品などを輸出する企業にとっての基本的な義務です。所定のルールに従って物質の含有量などを調べる必要があり、早めにROHS分析を行っている業者を見つけて発注するのが理想的です。また最短で5日程度で結果を示してくれる業者や、低料金で質の高いROHS分析を行っている企業を見つけるのがポイントです。現在では6つの物質が対象になっていますが、将来的にはフタル酸系の物質も追加されるので、新しい規制に対応しているROHS分析業者を選ぶのが賢い方法です。専門業者は様々な方法でROHS分析を行っていますが、その中でも代表的なものは、10グラム程度の試料でも調べることができる蛍光X線分析です。個別の物質について更に詳細に調べたいときに役立つのは、マイクロウェーブ分解装置やガスクロマトグラフ質量分析装置を活用した、精密分析のメニューです。特にメッキなどに使われることが多い六価クロムの場合には、所定の前処理を行ってから分光光度計を活用すると、精密な分析が行えるでしょう。そして数多くの分析業者の中から最適な発注先を選ぶためには、一つ一つの業者に見積もりを依頼して、その内容を綿密に調べ上げることが大切です。とりわけ様々な電気製品を輸出する場合には、分析費用が製品のコストアップ要因になるので、割安な利用プランが充実した業者を活用するべきでしょう。

Copyright© 2018 ROHS分析は専門家にお願い「プロの分析力を活用」 All Rights Reserved.