製品の安全性のために必要

男性

追加物質にも注意する

主に電気製品を製造し、またヨーロッパに輸出する予定がある事業者にとってはEUで定められた特定の有害物質を検査するROHS分析を行うことが欠かせません。この規制に該当する物質は鉛や水銀などの有名なものから、可塑剤として使われるフタル酸エステル類などのあまり聞き慣れないものまであります。またEU以外に国内で使用予定がある製品にもROHS分析による対応が求められるので、その適用される製品の範囲も含めて製造者は事前にしっかりとチェックする必要があるでしょう。この適用範囲は電気製品をはじめとして、従来は範囲外だった医療用機器や自動販売機も含まれるようになります。上記のように確実に行わなければならないROHS分析ですが、その検査を行う機関は複数あるのでその中から信頼できる業者を選ぶようにしましょう。その際は当然費用や検査に掛かる時間などが主要な判断基準になるでしょうが、リスクを考えると業者側と充分なコミュニケーションが確保されるかという点もおろそかにはできません。そしてROHS分析をはじめとする有害物質の規制は物質の追加や適用範囲の拡大など、事業者にとっては長期に渡り関心を持たなければならない分野です。ですから信頼できる検査機関と良好な関係性を築いておくことは、事業上のリスクの低減の面でとても重要になります。ぜひインターネットなどの情報を参考にして総合的な判断に基づいて、優良なROHS分析機関を見つけて下さい。

Copyright© 2018 ROHS分析は専門家にお願い「プロの分析力を活用」 All Rights Reserved.