指令内容をその都度確認

顕微鏡

準備時のポイント

ROHS指令という国際基準に合致させるために、多くのメーカーではROHS分析を行う必要が出てきています。ROHS指令とはEUから出された化学物質に関する規制であり、合計10の物質に対して上限量を設定するというものです。ROHS分析ではまず製品に対しての含有量を調べます。ROHS分析の対象となる物質は合計10物質ありますが、それらすべてを自社で調べるのは困難です。ROHS1と呼ばれる6物質については調べる機械を持っている会社も多いのですが、ROHS2と呼ばれる4物質については機器をそろえている会社はごく少数であるためです。そのため、ROHS分析は他社に外注して依頼することがほとんどです。ROHS分析を依頼する会社はネットで検索して決めるという人が大半ですが、費用などだけで闇雲に決めるのはよくありません。準備段階でまずすべきことは現在のROHS指令について調べることです。国際情勢は刻一刻と変わっており、新たな規制が出てきている可能性もあります。業者だから最新のものに対応しているだろうと過信せず、きちんと自分たちで調べておくのが確実です。調べてから最新の状況に対応している業者を選びましょう。また、製品だけでなく、付属品も対象となることがありえます。まとめて分析した方が安上がりなので、どこまでが対象となるのかなども調べておくべきでしょう。試料を送る必要性があるため、試料の準備も重要となります。

Copyright© 2018 ROHS分析は専門家にお願い「プロの分析力を活用」 All Rights Reserved.